まるで架空の人物の様な、実在したロック・スターに捧ぐ。

Masao Watanabe

< もどる >