タイトルはhideさんがインタビューで仰ってた、
蜘蛛ではなく、「虫」へんに「雲」でクモという造語に、
~LET'SPLAY WITH PINK SPIDER~です。

hide with Spread Beaverの「ピンクスパイダー」からインスピレーションを得て描いた、
床と壁を使った高さ2m横幅1.7mの3Dアート作品です。

全体的には、ピンクスパイダーをずっと聴いて見えてきた世界を描いています。

床の浮き出て見えるクモは、「ケバケバしいキミの模様が寂しそうで」という歌詞より、
サーベルタイガー時代からX、ソロと色々な時代のhideさんの模様を意識して描いています。

衝撃的なロックサウンドを破かれた様子に表し、
他にも、ピンクの雲の中や色々な場所にカタチとしてメッセージを込めてます。

是非細かく探してみてください。

また、hideさんはファンのみんなを驚かすことが大好きだったし、一緒に遊ぶのが好きだったので、
今回の展示こられたお客さんが作品と戯れるように3Dアートに仕上げました。

是非、今一度「ピンクスパイダー」を爆音で聴きながら、作品をご鑑賞ください。
画面の前のあなたも、LET'S PLAY WITH PINK SPIDER!です。

hideさんに心から感謝を込めて。

空間ぺインター芳賀健太

http://kukanpainter.com

< もどる >