『‘子ギャル’を聞いて浮かんだのは疾走というキーワドです。
今回、B1パネルに直接アクリル絵具で翼を書くという、GRAPHICではないアナログで出展させていただきましたが、
‘今’にエネルギーを注ぐことが、羽ばたく=疾走 になり、hideさんのいる空へ近づける。そんなイメージです。
だからフリップは‘先のことなんてどうでもいい’にしました』

諏訪敏子