hideが話す『二面性』が好き
頭の中で叫ぶ双子、飛び回る2匹の虫
hideの中のもうひとりのhide
たとえ相反していても
背中合わせで、ひとつなのだろうな

『崩れ落ちるその日まで 2人焼け落ちるまで』と綴った歌
ロックを聴いて自分の中の壁が崩れ落ちたと話すインタヴュー

誰かの壁を、世界を、ロックで崩す
もうひとりの自分と2人、心中する覚悟で挑もうとしていたのかも
どこまでも遠く、先を見つめるhideの
『最後のカウント』はきっと、新しい物語の始まり

・・・・・・なーんてことを思いながら、描きました。

NOZOMI CHIBA