<お知らせ>

「1日だけのワークショップ参加は可能ですか?」とのお問い合わせに応え、「ワークショップ vol.1」または「vol.2」、どちらか1日だけの受講も可能に!。1日だけの参加でも、展覧会への出展はOK!!。詳細は下記、<参加費/1日受講の場合>を参照ください。

<講師>
サカグチケン

<講師プロフィール>
リンク先をご参照ください
アートディレクター:サカグチケン

<開催日時>
「ワークショップ vol.1」
7/12(日)15:00~16:30
7/14(火)18:00~19:30

「ワークショップ vol.2」
7/26(日)15:00~16:30
7/28(火)18:00~19:30

*ワークショップは全2回となります。vol.1、vol.2、それぞれ、お好きな日程をお選びください。(vol.1を1回、vol.2を1回という組み合わせでお願いします。同じvolを2回受講することは出来ません、ご注意ください)

<場所>
IID世田谷ものづくり学校
エントランス・スペース
アクセスページを参照ください

<参加費>
¥20,000(全2回分・消費税込)

*展覧会に出展を希望されない方、ワークショップのみの参加もOKです。

* 展覧会へ出展する方は、作品の出力+加工費(実費¥8,000程度)が別途必要になります。

<参加費/1日受講の場合)>
¥12,000(消費税込)

* 展覧会へ出展する方は、作品の出力+加工費(実費¥8,000程度)が別途必要になります。

<持ち物>
サカグチケンのアートワーク作品(お持ちの方)、筆記用具など。PC、カメラ持参もOKです。

<定員>
各回20名(全40名)、完全予約制

<対象>
一般

<展覧会会場 & 日程>
IID 世田谷ものづくり学校 1F『IID Gallery』
9/18(金) ・19 (土)・20 (日)

<予約・申し込み>
こちらの「ご予約フォーム」からお申し込みください。参加費のお支払方法など、メール返信いたします。

<お問い合わせ>
info@pinxrecords.com
迷惑メール設定をしている方は
【info@pinxrecords.com】からのメールを着信設定にしてください。

<主催>
PiNX RECORDS inc. / 電脳音楽塾

ROCKをデザインする男
アートディレクター・サカグチケンが初のワークショップ開催!!

ラインを越えて、新しい世界へ!
表現の可能性を広げ、夢をかなえてみよう!!

アナーキー,hide, BUCK-TICK、LUNA SEA, THE BLUE HEARTS, THE MAD CAPSULE MARKET'S, DJ KRUSHなど、サカグチケンが手がけた数多くのアートディレクションの事例をもとに、"実戦"に活かせるアートワーク、デザイン、マネジメントを学べるワークショップを開催。 アートディレクションに必要な「すべて」を教えます。

参加者にはhideの楽曲「子 ギャル」からインスパイアされたアート作品を自由な発想で創っていただきます。制作した作品は、9/18~20、IID 世田谷ものづくり学校「IID Gallery」にて開催される展覧会『GRAPHIC BEATS 2015』に出展。また、電脳音楽塾ホームページを通し世界へ向けてWEB発信します。

『ROCKをデザインする男 アートディレクター・サカグチケン』

かつてアナーキーの親衛隊長だった少年は、彼らのアルバム・ジャケットを作るのが夢だった。どうしたら実現できるのか?メンバーにその夢を話すと「まず、街を出ることだよ」と言われた。数年後、アナーキーはTHE ROCK BANDと名前を変え、少年は23歳になり、ついに彼らのアルバム・ジャケットを手がけることになる。ROCKに魅せられた少年はいつしか、日本屈指のアートディレクターとなり、いまもROCKをデザインし続けるのである。

サカグチケン/1964年・香川県生まれ。高松工芸高校デザイン科を卒業後、数多くの企業広告(イトキン、アサヒビール、日産自動車、アップルコンピュータ ジャパンなど)アートディレクション、デザインに携わり、87年、アナーキー・仲野茂をモチーフにピースポスターを制作、世界平和ポスター展に出展。NEW YORK ADC国際展に3度入選するなど、海外でも広く作品が紹介されている。数多くのアートディレクションを手がける他、雑誌「ダ・ヴィンチ」の表紙や、舞台美術、MV撮影・監督も行っている。90年にサカグチケン・ファクトリーを設立。



『ワークショップをキッカケに、みんなも自身の夢をかなえてみませんか!?』

ワークショップでは、アートディレクションをする上での技術的な指導、アーティストが抱えるデザインについての疑問やデザイナーとの関係性など、これまでにサカグチケンが携わってきた実際の事例をもとに、実戦に活かせるアートワーク、デザイン、マネジメントについて学んで頂けます。

ワークショップは全2回。 vol.1のテーマは「初期衝動」、アナーキーとのセッションを題材に、閃きを作品に昇華させる方法を。
vol.2のテーマは「こだわり に こだわり続ける」、 THE MAD CAPSULE MARKET’Sとのセッションから、デザインイメージを音楽にシンクロさせるためのプロセスを講義します。

『こんな人にオススメ』

・音楽の世界感をアートワーク、デザインとしてどのように伝えたらいいのか分からない。
・アートディレクション、デザインの腕を磨きたい。
・Web制作において、デザイナーとどういう距離で接すればいいか悩んでいる。
・デザイナー、フォトグラファー、イラストレーターに期待すべきことを知りたい。
そんな悩みを覚えた事がある方にとって、アートディレクターの仕事を知るヒントがここにあります。

『自由をどんどん遊んでやろう!セッションしてみないか!hideと一緒に!』

「まさか?ボクに?ワタシに?hideのジャケットデザインの仕事がはいってきた!!??」をコンセプトに、hide本人の楽曲からインスパイアされたアート作品を、みなさんの自由な発想で創っていただきます。方法は自由。イラストレーション、デッザン、油絵、PCを使ったデジタルデザイン、写真などなど、、、表現手段はなんでもかまいません。共同制作もOK。課題曲は2014年12月にリリースされたhide奇跡の新曲『子 ギャル』。まずは、この曲の宇宙で、遊んでみよう。これがあなたの夢のスタートです!

*hide奇跡の新曲「子 ギャル」は本来、1998年11月に発売された3rdアルバム「Ja,Zoo」に収録される予定だったが、制作途中にhideは他界し、ラフなボーカルによるデモ音源しか存在しなかったため再現不可能と思われていた幻の楽曲。時を経て、ヤマハが開発した最新のVOCALOID技術と、hideと共に楽曲制作してきたI.N.A.(電脳音楽塾代表)のプロデュースワークが融合し、2年の月日を費やして完成した奇跡の新曲である。

*既存のジャケット素材、hideの画像素材などは使用できません。hideのイラストを描くのはOK。

『展覧会を開催しよう!WEBで公開しよう!』

制作期間は8月中。その表現は、既存の発売作品とは、まったく違うものにしましょう!出来上がった作品はB全サイズポスター(728mm×1030mm)として出力、2015年9月18~20日の3日間、IID 世田谷ものづくり学校 1F『IID Gallery』にて開催される展覧会『GRAPHIC BEATS 2015』に出展されます。また、電脳音楽塾ホームページを通し世界へ向けてWEB発信していきます。当日は多数の音楽業界関係者も来場します。もしかしたらあなたの作品が誰かの目に止まりプロデビューのチャンスになるということも!?

*発表する作品の著作権は、あくまでも表現者のものになります。

*講義は受けてみたいけど、展覧会に出展するのはちょっと、、、という方はワークショップのみの参加もOKです。お気軽にご参加ください。

『サカグチケンの表現ドラマを何でも訊いてください!』

音楽とすべてのアートワークには、ドラマが、しっかりと存在する。勇気を出してください。ワークショップ中、どんどん質問を受付けます。たとえば、サカグチケンによるアートワークス作品を持参してください。その表現に関して疑問点や、制作秘話、その他ざっくりとした質問まで、直接サカグチケンが答えます。このチャンスを活かし、ラインを越えて、新しい世界へ!表現の可能性を広げ、夢をかなえてみよう!!

 

展覧会会場/IID 世田谷ものづくり学校 1F『IID Gallery』


 

サカグチケン初のワークショップを記念して、
参加者全員にサカグチケンのアートワークス・ブック「come bleed for our rights」をプレゼント!!



人に歴史有り、サカグチケンが語るアートディレクションの真髄 Fcebookにて連載中!!

電脳音楽塾 x サカグチケン『GRAPHIC BEATS 2015』 | Facebookページも宣伝

 


 

リンク用バナーを提供いたします。ダウンロードしてご利用ください。
リンクアドレス <http://www.pinxrecords.com/schedule/graphicbeats.html>


 

【トップページへ戻る】