3/21 開催!!
大島暁美の
『音楽業界で働きたい人のための 業界入門講座』


<講師>
大島 暁美

<講師プロフィール>
リンク先をご参照ください
ライター・MC・プロデューサー:大島暁美

<開催内容、日時>

2016年3月21日 (祝) 13:00~14:30 / 90分

*ワークショップ開始時刻の10分前にお越し下さい。それ以前は入室できませんのでご了承ください。

<場所>
IID世田谷ものづくり学校 308号室
『電脳音楽塾』
アクセスページを参照ください

<参加費>
各回¥5,000(税込み¥5,400)

*入室時に現金でお支払ください。
*領収証が必要な方はお申し出ください。
*キャンセルは三日前までに。当日キャンセルは全額ご負担とさせて頂きます。

<持ち物>
特になし

<定員>
15名、完全予約制(先着順)

<対象>
一般

<予約・申し込み>
こちらの「ご予約フォーム」からお申し込みください。

*携帯によっては、ご予約フォームから申し込みができない場合があります。下記、お問い合わせアドレスからもご予約を承りますので「名前」「電話番号」「メルアド」「ご希望のワークショップの日付・時間」を明記の上、お申し込みください。

<お問い合わせ>
info@pinxrecords.com
迷惑メール設定をしている方は
【info@pinxrecords.com】からのメールを着信設定にしてください。

<主催>
PiNX RECORDS inc. / 電脳音楽塾


『音楽業界で働きたい人のための 業界入門講座』

音楽ライターや編集者としてのお仕事以外に、番組の企画やMC、ライブ・イベントのオーガナイズ、バンドのプロデュース、CDや映像制作と、多岐にわたる音楽業界の仕事をしてきた大島暁美だから話せる業界入門講座。実際の仕事の内容から、リクルート方法まで、実践的にレクチャーします。

----内容----

★ 音楽業界の多彩な職種と、そのお仕事内容とは?

「大好きな音楽に関わるお仕事をしたい」と考えている方はたくさんいらっしゃると思うのですが、なかなかその糸口が見つからなくて、困っている方も多いのではないでしょうか? その理由は、大きく分けて二つあると思います。

 一つは、ひとことで「音楽に関わるお仕事」といっても、非常に多岐に渡ること。似ているようで、実は違う役割の職業がたくさん存在します。たとえば、編集者とライターの違い。たとえば、レコーディング・エンジニアとミキシング・エンジニアとマスタリング・エンジニアの違い。たとえば、ライヴのイベンターと制作会社の違い。音楽業界で働いている人にとっては当たり前のような仕事の違いも、一般の方々にはなかなか馴染みがなかったりします。

★ 実際にどうしたら、音楽業界のお仕事を始められるのか?

 もう一つは、普通の企業のように、新卒者募集とか新人を公募する会社がほとんどないことです。「コネが大切」という意見はよく聞きますが、では、どうやってコネを作ったらいいのか、そこでつまずいてしまう方も少なくないでしょう。

 この講座では、「音楽業界で働きたい」と思ってらっしゃる方が、その夢に少しでも近づけるように、具体例を多くあげながらレクチャーしていきます。音楽業界で成功するために、年齢やキャリアは関係ありません。夢を実現するチャンスの扉は、きっとあなたのすぐそばにあります。それを見つけるための90分、ご質問も随時受け付けますので、たくさんのみなさまのご参加をお待ちしております。

__マルチな才能を発揮する大島暁美さんのキャリア__

 講師の大島暁美の最初のキャリアは、NHKラジオのパーソナリティと日本テレビ朝の情報番組のレポーター。その後、講談社の女性誌編集を手がけた後、音楽ライターに転身しました。80年代のジャパメタ・ブームからヴィジュアル系全盛時代を経て現在に至るまで、常に音楽シーンを間近で見つめ続け、多くの本や雑誌を執筆してきました。

  さらに、90年代からは、西城秀樹やKISSのトリビュート・アルバムのプロデュースを皮切りに、CD制作や新人バンドのプロデュース、フェスやイベントのオーガナイズ、番組の企画制作と、活動範囲は多岐にわたります。レコーディング・スタジオでミキシング卓の前に座って、「サビのピッチが悪いですよー」などという音楽ライターは、他にはなかなかいないでしょう。

  また、講談社の少女小説シリーズや「大島暁美のロックンロール日記」シリーズで、名前をご存知の方も多いことかと思います。多くの仕事を実際に経験してきたキャリアを生かして、講座を具体的にわかりやすく進めていきます。

 

【トップページへ戻る】